BLOGブログ
BLOG

肩こりの原因は寝方にある?

2021/04/01
「スマホは1日3時間以上は見る!」「デスクワークで1日中パソコンとにらめっこ」
現代人の多くが抱える肩こり。肩はガチガチだし、頭痛までする、と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
スマホやパソコンが原因という場合も多いのですが、意外と寝方にも問題があるって知っていましたか?
▼肩こりの原因は枕にあるかも
枕で睡眠の質が変わるのはもちろん、体に多くの影響を与えます。その1つが肩こりです。
肩こりは、筋肉の硬直・血行不良によって起こるのですが、枕の状態によって筋肉の硬直・血行不良を引き起こしているかもしれません。
あなたの枕は以下のタイプに当てはまっていませんか?
・枕が高すぎる
・枕が低すぎる
・枕が硬すぎる
・枕が柔らかすぎる
・枕の横幅が狭すぎる
・枕が頭を固定し過ぎている
こういった枕を使用することで、首と肩に負担がかかり血流が悪くなったり、寝返りが打ちにくくなってしまいます。
寝ているだけなのに、肩こり・頭痛・疲れの原因になるのはもったいないですよね。
ではどうすれば、ずっしり肩こりが解消されるのでしょうか。
▼肩こりの解消方法
おすすめの肩こり解消方法を紹介します。
■タオル枕で改善
前述で紹介した枕のタイプに該当した人は「じゃあどんな枕がいいの?」と疑問に思いますよね。
そんな方におススメしたいのが今日からでも簡単にできるタオル枕です。
大きさは120cm×60cm程度の少し厚みのあるタオルを用意し、半分の長さに折り畳み、くるくるとまるめて棒状すれば完成です。
タオル枕だと、高さ調節が可能で、自然な姿勢で寝れる為、肩や首の筋肉にできるだけ負担をかけない姿勢での睡眠が可能です。
■軽い運動やストレッチを行う
軽い運動やストレッチを行うことで、血流が良くなり、肩こり解消に繋がります。
最初は頑張りすぎずに、軽めのストレッチが良いかもしれません。仕事の合間に肩や腕を伸ばすところから始めることがおすすめです。
■整体やマッサージでケア
整体院やマッサージ屋に行き、プロにケアしてもらう方法もあります。
ストレッチや枕を変えながら、定期的に専門家に診てもらうのが肩こり解消の近道かもしれません。