BLOGブログ
BLOG

整体で起きる好転反応とは?

2020/05/26

整体などでよく聞くことのある好転反応ですが、好転反応が嫌で行きたくないと心配される方もいるのではないでしょうか?
実は好転反応ともみ返しを勘違いされている方が結構いるのも事実です。
そこで今回は整体で起こる好転反応とはどのようなことが起こるのか
を紹介していきたいと思います。

▼好転反応とは?
好転反応の症状をして、だるさ ・眠気 ・疲労感 ・違和感 ・発汗 ・下痢
と言った症状があげられます。
これは施術を受けると血流がよくなり、老廃物が除去されることで一時的に代謝が
あがり一時的にこのような症状が出る場合があります。
しかしこの好転反応は身体の歪みが正常のバランスに戻ることで身体の
使い方が変わるために起こる反応ですので心配はいりません。

▼好転反応の対処方法
施術後の好転反応が出た際は下記の方法を行ってみてください。

・常温の水をたくさん飲む
・だるさがある時は無理をせずゆっくり寝る
・その日は食べ過ぎない 
・身体を冷やさないようにする 
・激しい運動は避ける

好転反応の症状は人によりますが、症状は2日程度で治まります。
2日以上続いたり身体の痛みがひどい場合は好転反応ではなくもみ返しかもしれません。

▼もみ返しと好転反応の違い
長時間の施術や強い指圧を我慢して施術を受けたりすると起こりやすいのが
もみ返しです。
局所的に2日以上痛みが続く場合は、過剰刺激で筋線維が損傷している可能性が考えられます。
痛みがひどい場合はエコー検査を行う必要があります。
筋線維の状態や炎症の状態を確認した後にアイシングやテーピング、
微弱電流でのケアなどの適切な対応を行うことが必要です。
もみ返しの特徴をしてひどい痛みが2日以上続くようであればもみ返しの
可能性があります。
揉み返しは長時間の施術や強い指圧を受けた後に出やすいのも特徴で、
施術中の痛みは我慢せず担当の先生に遠慮せずに確認を取ることをおすすめします。
好転反応は身体の不純物が流れる良い反応に対してもみ返しは筋肉の損傷
など悪い痛みです。
長時間の施術や、施術中の痛みは我慢せずしっかり伝えましょう。
好転反応は身体にとって良いことなので、もみ返しとの違いをしっかり見極めることが
大切です。